>ローコスト住宅の間取りについて説明しています!
  1. ローコスト住宅の間取りについて

ローコスト住宅の間取りについて

ローコスト住宅とは

ローコスト住宅の間取り

ローコスト住宅では間取り選びが非常に重要です。というのも、間取りによってコストを大幅に削減できるためなんです。ローコスト住宅はあまり凸凹とした部分を作らないように設計をするのですが、これによって狭い土地でも家を建てることができます。

また、凸凹した部分が増えればその分壁も長くなりますから、その際に処理にかかる手間も増えていきます。デザイン性を重視して凝った作りにすることも家を建てるとき楽しみのひとつではありますが、凝った分だけ価格も膨らんでいくことは覚えておく必要があります。大体角を1ヶ所増やすごとに材料費等で10~20万円程度かかります。

そのため、ローコスト住宅では真四角を採用していることが多いのですが、それでも間取りは会社によって様々。探してみると1,000万円台からでもシンプルでお洒落な間取りも見つかるので、根気よく見ていってみましょう。

事例1. グッドリビング「PlusOne」

グッドリビングの「PlusOne」は3LDKで980万円~の非常にコストパフォーマンスが高い住宅です。14帖のリビングダイニングは無垢材の「もみの木」でできていて、ワイドも3m以上あり、広々とした快適な空間で過ごしたい方におすすめです。

また、収納スペースも他社に比べてとても充実しており、暮らしていく中で変化する多様なライフスタイルに対応できる柔軟性の高さが魅力的な自由度の高い間取りです。

14帖のリビングダイニングも、各部屋に用意された収納スペースも、ライフスタイルの変化に対応していけるような設計になっています。将来的に家族が増えていったり、子どもが一人暮らしを始めるようになったりといった節目で間取りを変更したくなったときでも安心です。

省スペースのみを重視して窮屈になる、将来使わない部屋が増える、という心配が少ないことは嬉しいですね。

事例1. グッドリビング「PlusOne」

事例2. ゲインズコーポレーション「COMPACTStyle」

ゲインズコーポレーションの「COMPACTStyle」はその名の通り、省スペースにまとまりのある空間を実現しています。主に子育て世代をターゲットにしているため、間取りも子どもがいる家族を想定したものとなっていることが多いです。

また、「COMPACTStyle」にも様々なプランが用意されており、ホームページからでも9種類以上を閲覧できます。それぞれのプランごとに細かく価格が異なっているため、実際に住んだときの違いを想像してよく吟味する必要はありますが、選択肢の多さは嬉しいポイントです。

事例2. ゲインズコーポレーション「COMPACTStyle」

事例3. オカザキホーム「木の家」

オカザキホームの「木の家」は「和」を感じさせる造りが特徴の住宅です。伝統的な木造軸組工法を用いて建てており、リビングは吹き抜けになっています。

また、一番の特徴が無垢フロアです。真壁和室と無垢フロアが一体となった設計のため、リビングも含めて開放感のある仕上がりになっています。無垢材は心身に良い影響を与えることがわかっているので、これから長く暮らしていく家としては是非取り入れていきたいですね。

子ども部屋も14.5帖と広く取ってありますが、将来2部屋にすることもできるので安心して利用できます。家族間のコミュニケーションに重きを置いた間取りといえるでしょう。

事例3. オカザキホーム「木の家」
健康維持増進住宅をモミの木でつくる グッドリビング

健康維持増進住宅をモミの木でつくる グッドリビング 健康で安心な暮らしができるように素材から空間設計まで様々なアイデアを詰め込み、要望に合わせて提案してくれるグッドリビング。政府の示した住宅環境の指標である健康増進住宅をモミの木の家で実現しています。
家の中の気になる臭いを消臭し、お部屋の空気をさわやかに保つモミの木パワーは、香り成分の発生で毎日森林浴をしているようなリフレッシュ効果も発揮。さらに高遮熱・高断熱の塗料で快適空間を保っています。

ページのトップへ