ローコスト住宅のオプションメニューについて説明しています!
  1. ローコスト住宅のオプションメニューについて

ローコスト住宅のオプションメニューについて

ローコスト住宅のオプションメニューについて

ローコスト住宅のオプションメニュー

家を建てる際にありがちなのが、後から様々なオプションを追加して予算オーバーしてしまうというものです。ローコスト住宅では特にこの問題が顕著になります。

本当は普通に新築で一軒家を建売で、あるいはもっと予算に余裕があるなら注文住宅で建ててみたい。そんな希望はローコスト住宅を検討中の方なら誰しも持っていることと思います。最近では中古住宅を購入してリノベーションをするケースも増えていますから、持ち家で理想を叶える方法はどんどん増えているのです。

しかしそういった希望をオプションで付け加えるほど価格も膨らんでいくのは当然のことです。しかもローコスト住宅は価格を抑えるためにもともとの素材や間取りは控えめですから、ここでどのようなオプションを付けるかによって費用が決まってきます。せっかくローコスト住宅を建てるなら、しっかり予算と優先順位を決めて考えていきましょう。

事例1. グッドリビング「PlusOne」

グッドリビングの「PlusOne」では必要な分だけオプションを追加していくスタイルなので、私たち自身が住まいのイメージをしっかりと持って建築士と相談しながら進める必要があります。

ただし快適な暮らしに欠かせない部分はきちんと考えられており、外壁には「光セラ」というセラミックコートを採用。また、長く住み続ける上で必ずかかってくるランニングコストまで考慮したオプションを提案してもらえます。樹脂窓などは多少初期費用が増えても採用すべき、と勧めていただきました。

私たち素人が建築士に相談するのは勇気がいることかもしれませんが、妥協したくないポイントと妥協しても構わない、もしくは後から追加していけばいいポイントの区別が大切です。グッドリビングではひとつずつオプションを吟味し、相談しつつ進めていけたのでとても助かりました。

事例2. オカザキホーム

オカザキホームは耐震性能や防犯対策が充実しています。耐震性能では最高等級を獲得し、防犯対策については「愛知県警察本部長賞」を受賞しているなど、その性能の高さは確かに保証されています。

ですが反面、個別のオプションはやや高めのものが多いので注意が必要です。トータルコストをよく見ながらオプションを選択していければ満足できる家になるでしょう。

事例3. タマホーム

タマホームもまたローコスト住宅を扱っています。タマホームの特徴として挙げられるのが「HEMS(ヘムス)」が標準仕様となっている点。これだけを聞いてもピンとこない方も多いと思いますが、家で使用している電気エネルギーをモニタリングできるシステムのことです。

非常に便利ですし、こうした設備は通常オプション扱いになるものなので、標準仕様となっているのは大きなポイントです。ただしこれ以外のオプションについては他業者より高いこともあるようなので、ひとつのオプションのみに囚われずトータルでどのくらいの費用になるのかをよく考えることが大切です。

健康維持増進住宅をモミの木でつくる グッドリビング

健康維持増進住宅をモミの木でつくる グッドリビング 健康で安心な暮らしができるように素材から空間設計まで様々なアイデアを詰め込み、要望に合わせて提案してくれるグッドリビング。政府の示した住宅環境の指標である健康増進住宅をモミの木の家で実現しています。
家の中の気になる臭いを消臭し、お部屋の空気をさわやかに保つモミの木パワーは、香り成分の発生で毎日森林浴をしているようなリフレッシュ効果も発揮。さらに高遮熱・高断熱の塗料で快適空間を保っています。

ページのトップへ